ラ・ベルヴィについて

心地よい琵琶湖の風を感じる場所

私たちのレストランには琵琶湖の昼時・夕暮れ、そして四季を眺めることができる、テラスと大きな窓があります。
日常からほんの少し離れるだけで、自然と触れ合うことのできる私たちは幸せです。
・・・
この恵まれた環境で、熟練のフレンチシェフが作り出す、至極の味わいを舌だけはでなく、ぜひ五感で感じて欲しい、そんな想いで私たちは働いています。
・・・
日々の喧騒を忘れ、感性の中に没頭できる時間を作れることは幸せの一つです。
私たちが常々憧れる「美しい情景」。
それはフランス語で「La belle Vue」と言われています。

シェフのご紹介
寺島 慧
てらしま あきら

滋賀県出身、1989年生まれの29歳。
東京のフレンチレストランで料理とサービスを学んだのにち渡仏。南仏のニーズに加え、モナコでもプライベートシェフを務める。現地の食文化に触れながら腕を磨くこと1年半。2016年4月より「ラ・ベルヴィ」のシェフに就く。

美味しい料理は真の幸福の基となる

オーギュスト・エスコフィエ(1846-1935)フレンチの巨匠

「食べること」は人の本能の一つですが、時として、それ以上のものを与えてくれる瞬間があります。
食卓を囲むことが人と人とをつなぎ、料理が心の琴線を揺さぶります。
一口一口が新しい発見や郷愁を呼び、一杯のワインが心をときほぐしてくれることでしょう。
フレンチでありながら滋賀県産素材を多く使用したラ・ベルヴィの料理が美しさと共に、お客様の人生を豊かにします。